パスポートってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

そもそもパスポートってなに?

パスポートは、国民の身元を証明するための世界で通用する身分証明書です。旅行や国外でのレジャー、ビジネスなどの目的で使用されます。

日本では、外国人が入国・滞在を許可するには、パスポートの携帯と提示を求められた場合に提示することが要件となっています。

 

日本国内では、運転免許証やマイナンバーカードなどが身分証明書として通用しますが、

国外では、パスポートだけが自分の身分を証明する、ほぼ唯一の手段と言えるでしょう。

出典:外務省: パスポートは世界で通用する“身分証明書”です (mofa.go.jp)

 

パスポートにはどんなことが書いてあるの?

出典:旅券(パスポート)の別名併記制度について|外務省 (mofa.go.jp)

身分事項が記載されているページ

名前や性別、パスポートナンバーなど大切なことが記載されています。

有効期限もチェックしてください。

有効期限が切れると、出入国が出来なくなります。有効期限が切れる前に、駐日大使館などで新しいパスポートの発行手続きをしてください。

パスポートの有効期限が切れたら

 

出入国証印

パスポートのぺーじには、出国・入国する際に、各国の空港などの入国審査官によってスタンプが押されます。最近はスタンプの省略や、スタンプに変えてシールが貼付される国が増えてきているようです。日本も外国人の上陸の際は、「上陸証印」というシールを貼付するルールになっています。

国によってさまざまなバリエーションのスタンプやシールがあり、海外旅行が好きな方の中には、コレクションされている方もいらっしゃいます。

 

VISA(ビザ・査証)

在外の大使館領事館で発行されたVISA(査証)は、パスポートに貼付されます。原則として、海外に行く場合は、VISAが必要になります。

ただし、渡航先の国や渡航目的、滞在期間等によっては、VISAが必要でない場合や、VISAの種類が異なる場合があります。

海外渡航の際には、VISAが必要かどうか、確認しましょう。

 

指定書

在留資格によっては、「指定書」がパスポートに添付されることがあります。

例えば、在留資格「特定技能」の外国人には、「指定書」が交付されます。

指定書には、日本で行うことのできる活動内容が所属機関(就労先)の企業名と住所等とともに記載されています。

そのほかにも、ワーキングホリデーで来日した外国人にも、「指定書」が交付されています。

この場合は、就労先企業名等の記載はありませんが、日本で行うことができる活動内容が記載されています。

 

古いパスポートはどうする?

パスポートは有効期限が切れる前に、更新する方がいいです。更新した場合、古いパスポートの処分に困ることがあると思います。しかし、その場合も、捨てたりしないことをお勧めします。

理由1:国によってはVISA申請時に古いパスポートの提示が求められることがあります。

理由2:在留資格の申請や帰化(国籍変更)の申請の場合、過去の渡航歴を証明しなければならないことがあります。その際、過去のパスポートに押印された出入国歴のスタンプで証明することができます。

 

関連ニュース
技能実習

技能実習の移行対象職種が新たに追加

情報:外国人技能実習制度について |厚生労働省 (mhlw.go.jp) 「移行対象職種」とは、技能実習生が1号から2号・3号に移行することが認められている業務です。 業務は、「職種」と職種を細かく分類した「作業」になっ […]

就労資格の転職

外国人の転職について よくある問い合わせ     「技術・人文知識・国際業務」   私は技人国の在留資格ですが、転職できますか?どんな手続きが必要ですか?   できる場合とできない場合があり […]

 

大阪市中央区の新行政書士事務所におまかせください。
■ 在留資格
■ 帰化
■ 各種許認可
■ 医療法人
■ 事業承継
など、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る