高度人材ポイント表をチェックしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「高度外国人材」は、経済産業省において、「我が国の産業にイノベーションをもたらすとともに、日本人との切磋琢磨を通じて専門的・技術的な労働市場の発展を促し、我が国労働市場の効率性を高めることが期待される人材」と定義されています。

 

大学卒業などの高学歴な外国人に、それぞれの日本での活動内容に応じて、「技術・人文知識・国際業務」や「研究」、「経営・管理」、「法律・会計業務」などの在留資格を付与し、積極的に受け入れています。

 

高度人材ポイント表をチェックしよう

高度外国人材の受け入れを促進するための制度です。

 

高度外国人材の活動内容を「高度学術研究活動」「高度専門・技術活動」、「高度経営・管理活動」の三つに分類し、それぞれ「学歴要件」「職歴要件」「年収要件」などに応じたポイントを設定し、ポイントの合計が70点以上に達した場合に、「高度専門職1号」の在留資格を与え、日本で生活する上での優遇措置を与えるシステムです。

 

それらのポイントを計算するときに使用するものが、高度人材ポイント計算表です。

高度人材ポイント表1
高度人材ポイント表2

引用:出入国管理庁(07_リーフレット_日本語版)

ポイント表の左から、「高度学術研究分野」「高度専門・技術分野」「高度経営・管理分野」の在留活動に応じて、内容となっています。

学歴要件

大学卒業以上の場合、大学卒業レベルなら10点、修士号を取得している場合は20点、2分野以上を修了していれば、さらに5点など、学歴の内容によってもポイントが異なります。

 

職歴要件

日本で行う予定の活動について、既に実務経験が3年以上あれば、ポイントが付与されます。

実務経験が長いほど、ポイントが高くなります。

 

年収要件

「高度学術研究分野(イ)」と「高度専門・技術分野(ロ)」は、年齢と年収の組み合わせに応じて、ポイントが付与されます。例えば20代の方が年収1000万円以上あれば、40点が付与されます。

 

「高度経営・管理分野(ハ)」については年収1000万円以上から、ポイントが付与されます。

ただし、「高度専門・技術分野(ロ)」と「高度経営・管理分野(ハ)」は、年収が300万円以下であれば、たとえ合計点数が80点以上であっても、高度専門職の在留資格は付与されません

 

年齢要件

「高度学術研究分野(イ)」と「高度専門・技術分野(ロ)」は、年齢によって、さらにポイントが付与されます。20代であれば15点、30代後半は、5点が付与されます。

 

そのほかのボーナスポイント

日本の国家資格の有無、日本の大学等で学位をとっている、日本語能力試験の結果などで、ボーナスポイントが付与されます。

これらの合計点が70点以上あれば、高度専門職の在留資格の申請ができます。

該当しそうな方は、チェックしてみてください。

 

関連ニュース
経営・管理

会社設立後のいろいろな手続き

在留資格「経営・管理」 | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)   会社を設立したあと、いろいろな手続きが必要です。 ①税金と②社会保険と③労働保険について説明していきます。   ①税金について […]

経営管理の在留資格で必要な証明書類

在留資格「経営・管理」 | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)           経営管理の在留資格は、日本で、会社を経営又は管理する外国人に対して付与される在留 […]

 

大阪市中央区の新行政書士事務所におまかせください。
■ 在留資格
■ 帰化
■ 各種許認可
■ 医療法人
■ 事業承継
など、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る