高度外国人材ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「高度外国人材」は、経済産業省において、「我が国の産業にイノベーションをもたらすとともに、日本人との切磋琢磨を通じて専門的・技術的な労働市場の発展を促し、我が国労働市場の効率性を高めることが期待される人材」と定義されています。

 

大学卒業などの高学歴な外国人に、それぞれの日本での活動内容に応じて、「技術・人文知識・国際業務」や「研究」、「経営・管理」、「法律・会計業務」などの在留資格を付与し、積極的に受け入れています。

高度人材ポイント制とは? | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)

「高度人材ポイント制度」

高度外国人材の受け入れを促進するための制度です。高度外国人材の活動内容を「高度学術研究活動」「高度専門・技術活動」、「高度経営・管理活動」の三つに分類し、それぞれ「学歴要件」「職歴要件」「年収要件」などに応じたポイントを設定し、ポイントの合計が70点以上に達した場合に、「高度専門職1号」の在留資格を与え、日本で生活する上での優遇措置を与えるシステムです。

 

どんな在留資格?

在留資格の名称は、「高度専門職」です。日本において、「高度の専門的な能力を有する人材として、基準に適合する者が行う活動であって、日本の学術研究又は経済の発展に寄与することが見込まれる活動」を行うことができます。

高度専門職は、1号と2号に分かれます。

高度専門職1号のイ・ロ・ハ

高度専門職1号(イ)・・・研究の活動
法務大臣が指定する日本の会社・学校等で行う研究、研究の指導又は教育をする活動。

 

高度専門職1号(ロ)・・・「技・人・国」の活動
法務大臣が指定する日本の会社等との契約に基づいて行う自然科学又は、
人文知識の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動。

 

高度専門職1号(ハ)・・・「経営管理」の活動
法務大臣が指定する日本において貿易その他の事業の経営を行いもしくは、
当該事業の管理に従事する活動。

 

 

ちなみに、高度専門職2号は、高度人材1号の活動以外にも、「技能」や「興行」など、ほぼすべての就労活動を行うことができるようになります。

高度専門職の在留資格になるには?

「高度人材ポイント計算表」により、ポイントを計算し、合計が一定点数に達した場合に、「高度専門職1号」の申請要件が満たされます。

 

ポイントは、「学歴要件」「年収要件」「職歴要件」など、各項目に応じてポイントが計算されます。

高度人材ポイント表をチェックしよう

高度専門職の在留資格はどんないいことがある?

永住権が取りやすくなったり、家族が日本で暮らしやすかったり、など優遇措置はたくさんあります。

 

関連ニュース
技術・人文知識・国際業務

技人国と高度専門職

在留資格「技術・人文知識・国際業務」 | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)   日本で就労できる在留資格、いわゆる就労ビザのうち、「技人国ビザ(ぎじんこくビザ)」と呼ばれる在留資格は、正式には在留資格「 […]

技人国

技人国採用時の注意

在留資格「技術・人文知識・国際業務」 | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)   日本で就労できる在留資格、いわゆる就労ビザのうち、「技人国ビザ(ぎじんこくビザ)」と呼ばれる在留資格は、正式には在留資格「 […]

 

大阪市中央区の新行政書士事務所におまかせください。
■ 在留資格
■ 帰化
■ 各種許認可
■ 医療法人
■ 事業承継
など、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る