外国人が配偶者(日本人等)と死別した時は…?

外国人が配偶者(日本人等)と死別した時は…?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 外国人が配偶者(日本人等)と死別したら・・・?

※❷:窓口以外でも、郵送やオンラインでの電子申請が可能です。詳細は法務省の公式HPをご覧ください。

 

配偶者が亡くなると、「日本人の配偶者等」の在留資格では日本で暮らすことはできず、原則、帰国しなければなりません。

 

例外として、下記のように「定住者」の在留資格が認められる条件があります。

 

・日本人と結婚していた期間が3年以上

・日本で安定的に生活できる収入がある

・日本人との間に日本国籍の子どもがいる

 

等の要件を満たしていれば、「定住者」の在留資格が認められ、引き続き日本で生活することができるかもしれません。

 

要件に該当しているときは、「在留資格変更許可申請」をしましょう。

ただし、❷の届出を忘れていると、審査で不利になるかもしれません。

 

 

当事務所で定住ビザ取得のサポートをいたします!

 

一度お気軽にご相談くださいませ。

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る