本国等への帰国が困難な外国人の方へ

本国等への帰国が困難な外国人の方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本国等への帰国が困難な外国人に係る取扱いについて

<出典:出入国在留管理庁HP>

 

コロナによって、自分の国や居住地に帰ることができなくなり、日本での生活が難しくなっている外国人の方に対して,週28時間以内の就労(アルバイト)を認めることにしました。

以下要件に当てはまっている人は、地方出入国在留管理官署で資格外活動許可申請を行えるようになります。

要件

・現在有している在留資格で就労をすることができないこと
・帰国が困難であること
・在日親族や所属機関からの支援が見込まれない場合など,帰国
するまでの生計維持が困難であること

提出書類

・資格外活動許可申請書

・帰国が困難であることについて,合理的な理由があることを確
認できるもの(直近の在留資格変更許可申請等で提出している
場合は再度提出していただく必要はありません。) 

・理由書

詳しくは、こちら出入国在留管理庁HPで閲覧できます。

お問い合わせはこちら

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る