外国人材の「在留資格」を事前にチェック

外国人材の「在留資格」を事前にチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報:出入国在留管理庁 

外国人の方を雇用するためには、出入国在留管理局に就労可能な「在留資格」を認めてもらう必要があります。現在「在留資格」は29種類あり、日本にいる外国人は必ず、一人ひとつの「在留資格」をもっています。採用面接をする際は、事前に「在留カード」をご確認ください。

在留資格に該当しない活動は・・・

不法就労」となります。

法律で禁止されており、雇用主も処罰の対象となります。(入管法73条の2)

在留期間が過ぎていると・・・

不法滞在」となります。

外国人本人だけでなく、企業にも大きな影響を与えます。

外国人材の採用をお考えの企業様へ

お問い合わせはこちら

関連ニュース

<帰化申請>思い立ったらプロにご相談を

情報:法務省:国籍 (moj.go.jp) 帰化申請とは 日本に居住する外国人の方や無国籍の方が、住居地を管轄する法務局に申請し、法務大臣の許可を得て日本国籍を取得する手続きのこと。国家が許可を与えることによって、その国 […]

特定技能「製造3分野」が統合されました。

  情報:特定技能「素形材産業分野」、「産業機械製造業分野」及び「電気・電子情報関連産業分野」の統合等について | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp) 特定技能「産業機械製造業分野」は、今年の2月末に受け入れ見込み […]

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel