留学生の就労に向けて

留学生の就労に向けて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

留学生の就職 | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp)

外国人のみなさんが日本において就職する場合、現在の在留資格である「留学」を、就労可能な在留資格に変更する必要があります。

主な在留資格は、「技術・人文知識・国際業務」「特定活動(46号)」「特定技能」等があります。

この中でも令和2年では、「技術・人文知識・国際業務」に変更を許可された人が全体の85%以上(特定技能を除く)を占めていました。

 

出典:出入国在留管理庁 留学生の就労に係る主なフロー

「留学」から就労資格への変更手続の流れ

出典:出入国在留管理庁 「留学」から就労資格への変更手続の流れ

在留資格変更許可申請の注意点

・就職の決まっている人は、就職先が準備しなければならない書類もあり、4月1日入社に間に合わなくなるので、必要書類は早めに準備しときましょう。

 

出典:大阪出入国管理局 Twitter

・例年3月に大学等を卒業する留学生の在留資格変更許可申請は12月から受付が開始されます

ギリギリに受付をすると書類の不備等があった場合に4月入社に間に合わない可能性がありますので、早めに申請しましょう。

 

・在留資格変更許可申請は、卒業見込み証明書があれば受付できますが、

在留カード受け取りの時は、卒業証明書の原本が必要になります。忘れずに持っていきましょう。

 

・変更が許可され在留カードを受け取ると、仕事場で働けるようになるまでアルバイトができなくなるため、気を付けましょう。

 

専門学校卒の人は成績や出席率が良くなかったり、アルバイトのしすぎだったりで、卒業していても変更できない可能性が出てきてしまうため、注意しましょう。

 

大阪市中央区の新行政書士事務所におまかせください。
■ 在留資格
■ 帰化
■ 各種許認可
■ 医療法人
■ 事業承継
など、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel