入国制限緩和について

入国制限緩和について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報:水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
国際的な人の往来再開に向けた措置について|外務省 (mofa.go.jp)

1日1万人から2万人へ

これまで、政府は令和4年3月に入国者数の上限を現在の1日3,500人から5,000人、さらに7,000人となり、4月10日から現在の1万人となっていました。
今回は令和4年年6月1日(水)から、1日あたりの入国者数の上限を現在の約1万人から約2万人に緩和する方針です。
そこで、現在行われている新型コロナウイルスの水際対策の緩和が発表されました。

入国時検査及び入国後待機期間の見直し

出国前検査は継続して実施されます。

入国前の滞在歴(国・地域の指定)及び条件を満たした有効な新型コロナワクチン接種証明書(3回目接種)を保持しているか否かによって、入国時検査の要否や、入国後の待機期間、待機場所が変更されることになります。

国・地域 ワクチン接種証明書 入国時検査 入国後の待機時間
実施 「3日間検疫施設待機(+施設検査陰性)」
「3日間自宅等待機+自主検査陰性」
(検査を受けない場合は7日間待機)
  「待機無し」
 
 

なお、上記の「新たな措置」については、今後の国内外の感染状況等によって、
急遽変更になることがありますので、御注意ください。

※検疫所又は保健所から自宅等待機の継続等について別途指示があった場合は、
その指示に従う必要があります。
※陽性者、機内濃厚接触者又は有症状者となった場合は、
原則として待機期間の短縮の対象となりません。
※入国後 10 日間を経過するまでは、
検温など入国者自身による健康状態の確認等を行うようにお願いします。

の国・地域

ア行・カ行

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルメニア、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インドネシア、ウガンダ、英国、エクアドル、エストニア、エチオピア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オランダ

ガーナ、カタール、カナダ、カメルーン、韓国、カンボジア、ギリシャ、キルギス、グアテマラ、クロアチア、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、
コロンビア
サ行・タ行 ザンビア、ジブチ、ジャマイカ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア タイ、台湾、タンザニア、チェコ、中国、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国
ナ行・ハ行 ナイジェリア、ニュージーランド、ノルウェー バーレーン、パナマ、パプアニューギニア、パラオ、パラグアイ、ハンガリー、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、米国、ベナン、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、香港
マ行・ヤ行 マダガスカル、マラウイ、マレーシア、南アフリカ、南スーダン、ミャンマー、メキシコ、モザンビーク、モナコ、モロッコ、モンゴル、モンテネグロ ヨルダン
ラ行・ワ行 ラオス、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、ルワンダ、ロシア  

黄の国・地域

ア行・カ行 アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イエメン、インド、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、エジプト、エスワティニ、エリトリア、オマーン カーボベルデ、ガイアナ、カザフスタン、ガボン、ガンビア、北朝鮮、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、キューバ、キリバス、クウェート、クック諸島、グレナダ、コソボ、コモロ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国
サ行・タ行 サウジアラビア、サモア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、ジョージア、シリア、ジンバ
ブエ、スーダン、スリナム、スリランカ、セーシェル、赤道ギニア、セネガル、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セントルシア、ソマリア、ソロモン諸島
タジキスタン、チャド、中央アフリカ共和国、チュニジア、ツバル、トーゴ、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、トルコ、トンガ
ナ行・ハ行 ナウル、ナミビア、ニウエ、ニカラグア、ニジェール、西サハラ、ネパール ハイチ、バチカン市国、バヌアツ、バハマ、バルバドス、パレスチナ、ブータン、ブルキナファソ、ブルネイ、ブルンジ、ベトナム、ベネズエラ、ベラルーシ、ベリーズ、ペルー、ボツワナ、ポルトガル、ホンジュラス
マ行・ヤ行 マーシャル諸島、マカオ、マリ、マルタ、ミクロネシア、モーリシャス、モーリタニア、モルディブ、モルドバ  
ラ行・ワ行 リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、レソト、レバノン  

の国・地域

アルバニア、シエラレオネ、パキスタン、フィジー

 

関連ニュース

帰国困難の方の在留諸申請が変わりました

情報:新型コロナウイルス感染症に関する在留諸申請について (moj.go.jp) これまで新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な方については、「特定活動(6か月)」又は「短期滞在(90日)」の在留資格を許可して […]

入国制限緩和について

情報:水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省 (mhlw.go.jp) 国際的な人の往来再開に向けた措置について|外務省 (mofa.go.jp) 1日1万人から2万人へ これまで、政府は令和4年3月に入国者数の上 […]

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel