令和4年3月以降の水際措置の見直しについて

令和4年3月以降の水際措置の見直しについて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外から入国する方への変更点のお知らせ

情報:水際対策強化に係る新たな措置(27)

情報:厚生労働省 (mhlw.go.jp)

令和4年3月1日から、1日当たりの入国者数の上限が3500人から5000人、4月10日には1万人となり、観光目的以外の入国で、就労ビザ(経営ビザ・技人国ビザ等)を持った人や技能実習生、留学生などが条件を満たせば新規入国できるようになりました。入国後の7日間の待機期間も、ワクチン接種3回などの条件を満たせば免除または3日間に短縮されるようになりました。

入国後の自宅等待機期間の変更

  ワクチン3回接種した証明書 0日目入国日 1~3日目 4~7日目
検疫所の宿泊施設での待機対象となっている国・地域に滞在していた なし 検疫で検査 ・検疫所の宿泊施設で待機
・3日目退所時に施設で受ける検査結果が陰性であれば、待機期間終了
待機なし
あり ・自宅等で待機(3日目以降に自主検査しない場合)
・自宅等で待機
・3日目以降に自主検査し、陰性結果を入国者健康確認センターに届出
待機終了のお知らせにより待機期間短縮
検疫所の宿泊施設での待機対象となっている国・地域に滞在していない なし 検疫で検査 ・自宅等で待機(3日目以降に自主検査しない場合)
・自宅等で待機
・3日目以降に自主検査し、陰性結果を入国者健康確認センターに届出
待機終了のお知らせにより待機期間短縮
あり 待機なし

外国人の新規入国制限の見直し

上陸拒否の対象地域からの入国
上陸申請日前14日以内に162の国・地域に滞在歴のある外国人については、「特段の事情」がない限り、上陸を拒否

「特段の事情」があるとして入国・再入国を許可する具体的な例

1.再入国許可(みなし再入国許可を含む。)による再入国
2.日本人・永住者の配偶者又は子の新規入国
3.「外交」又は「公用」の在留資格を取得する者
4.水際対策強化に係る新たな措置(27)における「4.外国人の新規入国制限の見直し」に基づいて新規入国する者

(1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国

(2) 長期間の滞在の新規入国

5.入国目的に公益性があると認められるとき
6.その他人道上の配慮の必要性がある場合

上記4の新規入国を申請する外国人は、日本国内に所在する受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)における所定の申請を完了した場合、新規入国を原則として認めることとなります。

受入責任者とは、入国者を雇用又は入国者を事業・興行のために招へいする企業・団体等のことをいいます。

入国者健康確認システム(ERFS)

入国者健康確認システム「ERFS」とは、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社が開発し、 検疫の新型コロナウイルス感染症に係る水際対策、各省庁の入国承認手続き、 厚生労働省の入国者健康確認センターの運営に係る業務に提供しているシステムです。

入国者健康確認システム

情報:外国人新規入国オンライン申請 (mhlw.go.jp)

関連ニュース

入国制限緩和について

情報:水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省 (mhlw.go.jp) 国際的な人の往来再開に向けた措置について|外務省 (mofa.go.jp) 1日2万人から5万人へ これまで、政府は令和4年6月1日(水)から […]

帰国困難の方の在留諸申請が変わりました

情報:新型コロナウイルス感染症に関する在留諸申請について (moj.go.jp) これまで新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な方については、「特定活動(6か月)」又は「短期滞在(90日)」の在留資格を許可して […]

 

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel