帰化申請の法務局への事前相談は予約必須

帰化申請の法務局への事前相談は予約必須
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報:大阪法務局 (moj.go.jp)

日本への帰化とは、日本国籍の取得を希望する人に対し、国が帰化を許可することによって国籍を付与する制度です。

帰化申請の手続きをするためには、まず地域の法務局に事前相談する必要があります。

国籍相談については大阪は昔、フラッと予約なしで相談に行けたのですが、今は全国予約制になっていますので電話で予約をして相談に行きましょう。

予約は1週間単位での枠組みになっており、2週間先の1週分の予約を月曜日からできるようになっています。

第1週 第3週の予約できる。第4週の予約はできない。
第2週 第4週の予約できる。
第3週  
第4週  

このように2週間先の予約にしか対応していないため、3週間先の予約はできないようになっているので注意しましょう。

初回相談の場合、家族関係や生計関係等について詳しくお聴きした上で、必要書類等について案内させていただきますので、1~2時間程度かかります。

当事務所では、帰化、永住許可、在留資格の認定・変更・期間更新、在留特別許可の申請手続きについて、初回無料相談を行っております。

帰化申請は標準処理期間が定められていません。申請書の受理から許可されるまでには一応の目安として当事務所では7ヶ月~8ヶ月としていますが、それ以上かかる場合もあります。
また入管業務については審査基準や標準処理期間は定められていますが、申請内容によりそれぞれ違います。
ご不明な点や不安があれば、新行政書士事務所までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連ニュース

「事業の概要」の書き方解説

  事業の概要の書類は、1事業ごとに作成します。 文字の記載を誤った場合は、取消線を引いた上で修正してください(修正テープ及び修正液の使用は不可)。 筆記具は黒インクのペン又はボールペンを使用し、「消せるボール […]

「在勤及び給与証明書」の書き方解説

在勤及び給与証明書は、申請者及び配偶者並びに生計を同じくする親族が、給与、報酬等により生活している場合に提出してください。(特別永住者の方は不要です。) 勤務先の代表者か給与の支払い責任者が作成したものを提出してください […]

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel