永住許可申請で必要なことはすべて代行いたします!

お問い合わせからご依頼まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

永住許可申請の申請手続きならお任せください。

永住許可申請には、数多くの手続きが必要になります。
また数多くの書類をそろえる必要もあり、手間と時間がかかります。
当事務所では相談者様のこうした負担を減らすため、必要なことはすべて代行させていただいております。
ご不明な点や不安があれば、新行政書士事務所までお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせからご依頼まで

お問い合わせからご依頼までの流れをご紹介します。
詳しい内容については、お気軽に当事務所までご相談ください。

  1. まずは当事務所までご連絡ください。電話、メールどちらでも受け付けております。
    その際「ホームページをみた」と言っていただきますと、素早い対応が可能となります。面談する日程を調整いたします。

  2. 提出書類には、申請者ご自身が取得・作成する書類と役所等から取得する書類とがあります。 なお、外国語で記載されている書類には、翻訳文をつけ、翻訳者の住所・氏名を記載する必要があります。

  3. 提出書類が揃った時点で、入国管理局に永住許可を申請します。当事務所にご依頼いただいた場合、必要な手続きはすべて行政書士が代行いたします。

  4. 許可・不許可が決定します。

関連ニュース

永住許可申請の素行要件とは?

情報:永住許可に関するガイドライン(令和元年5月31日改定) | 出入国在留管理庁 (moj.go.jp) 永住権を取得するためには、永住許可申請に必要な4つの条件をクリアしている必要があります。 その中でも今回は素行要 […]

永住者の在留資格を取るためには?

「永住者」の在留資格を取るためには? 入管法改正、永住許可に関するガイドラインが改訂されたことにより、2019年7月から、求められる資料が増え、審査がより厳格化されました。   下記の3つを要チェック! 納付期 […]

 

初回のご相談は無料です!新行政書士にご連絡ください
新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フッター

line tel