永住者の在留資格を取るためには?

永住者の在留資格を取るためには?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「永住者」の在留資格を取るためには?

入管法改正、永住許可に関するガイドラインが改訂されたことにより、2019年7月から、求められる資料が増え、審査がより厳格化されました。

 

下記の3つを要チェック!

納付期限内に納付し、証明書・領収書などは必ず保管しておきましょう。

 

在留資格※

税 金

年 金

健 康 保 険

課税・納税証明書

など直近3年分

領収書など

直近2年分

納付証明書・領収書

など直近2年分

課税・納税証明書

など直近3年分

領収書など

直近2年分

納付証明書・領収書

など直近2年分

※在留資格の該当例

①「日本人の配偶者等」:日本人の配偶者・実子・特別養子

 「永住者の配偶者等」:永住者・特別永住者の配偶者,日本で出生し引き続き在留している実子

②「定住者」:日系3世,外国人配偶者の連れ子等

 

*永住許可申請のサポートをいたします!

 一度お気軽にご相談ください。

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。