例え面倒でも…

交付申請は面倒くさがらず!が、鉄則です。

日本で働くために海外から来られる方の在留資格を取得するお手伝いをすることが多いのですが、一般的な流れとして、 

日本に来る

申請をする

帰国して認定証明書が交付されるのを待っ

認定証明書の交付後日本に来る

となっていますが、中には帰国するのが面倒という方がいらっしゃいます。

たまたま、日本にいる間に認定証明書が交付された場合には、短期滞在から当該の在留資格に変更ができることがあります。
が、日本にいる間に交付されるかどうかは博打のようなものなので、当事務所ではオススメしていません。

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。