外国人の採用 【転職編】

外国人の採用 【転職編】

 

国内の労働力不足が深刻な状況となっており、外国人の雇用を検討される企業が増えています。
今回はすでに日本で働いている外国人を採用する場合に気をつけるポイントを考えてみます。

 

①外国人の経験(学歴・職歴)がモノを言う

働くためのビザ(正式には在留資格なんですけど)は、外国人本人の経験が重要です。例えば、貿易業務を担当させるのであれば、今までに貿易に関してどんな勉強をしてきたか、また貿易業の経験はあるのかを証明しなければなりません。前職が日本の貿易会社に勤めていても、貿易業務をしていなかったのであれば、改めてこれらのことを証明する必要があります。

 

② 素行の良さが決め手

素行の良さ(日本の法律を守る)も重要視されます。具体的には、その外国人が納税をしていることを証明します。そのほかに交通違反など警察のお世話になっていないかなども見られているようです。

 

③ 会社のことも審査対象

入国管理局はこれから働く会社がどんな会社なのかも見ます。業績や将来性、会社として義務を果たしているか(納税、社会保険の加入など)も考慮されます。また、外国人と日本人の待遇に格差がないか、最低賃金を上回っているかどうかも必ず見られます。
外国人を採用するときには、こんなことにも気をつけてみてください。

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 医療法人、会社設立
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。