まだまだ初めてのことが多い在留資格

まだまだ初めてのことが多い在留資格

まだまだ初めてのことが多い在留資格のお話です。

外国人の方は何らかの在留資格を持っていなければ、日本に入国することはできません。
特に働く、留学するなど長期間在留するのなら、その活動内容にあった在留資格が必要です。

ザックリした手続きの流れは、

  1. 本人または代理人が入国管理局で在留資格認定証明書の交付申請
  2. 在留資格認定証明書を本人に送付(本人が帰国している場合は代理人に送付)
  3. 在留資格認定証明書を提示して領事館で査証(ビザ)の発給
  4. 来日して在留カードの交付となります。

ところが今回、短期滞在で日本にいる間に証明書が交付されたので、入国管理局に聞いたら、在留資格を変更できるというというので、手続きに行ったら在留カードが即日交付されました。

なかなか無い体験をしました。まだまだ初めてのことが多いです。

sonson002

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 医療法人、会社設立
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。