改正風営法を機会に…

改正風営法を機会に…

2016年6月23日に改正風営法が施行されました。
で、これを機会に許可・届出関係をきちんとしておきたいという相談が増えています。

bar

うちとしてはありがたいお話ではありますが、実際にお店に行ってみると残念なことに要
件に合わないことがあります。

今回ご相談いただいたお店はカウンターの高さが1メートルを超えておりましたので、

  1. 内装工事で床を嵩上げする、またはカウンターを下げる
  2. 午前0時までの営業とする
  3. 心機一転、移転して一からやり直す

と3つ提案したのですが、3.を選ばれました。

潔い経営者様でございました。

※風営法関係法令に、「客室内に見通しを妨げる設備を設けないこと」との規定があり、1メートルを超えるものは見通しを妨げるものとして運用されています。

➡こちらの記事もご覧ください。

 

風俗営業と飲食店の許認可を得意としています。小さなことでもご相談くださいね。rec03

 

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 医療法人、会社設立
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。