永住許可と帰化のメリットは何が違うんだろう?

永住許可と帰化のメリット比較

永住許可のメリット

在留期間に制限がない
就労活動に制限がない
たとえ離婚したとしても日本で暮らせる
国籍はそのまま
金融関係から融資を受けやすくなる(住宅ローンなど)

 

帰化のメリット

日本の名前を持つことができる
日本戸籍を持つことができる
日本のパスポートを持つことができ、海外出張や海外旅行の際の海外渡航手続きが楽になる
選挙権、被選挙権を得ることができる
住宅ローンや自動車ローンなどの融資が組みやすくなる
公務員への就職
年金・保険・教育・福祉など社会保障面で日本人と同等の権利を持つ
土地の所有がしやすい
日本人と結婚した場合、同一の戸籍に入れる
外国人登録、海外渡航時の再入国許可が不必要
犯罪行為などを犯した場合でも、強制退去の対象とならない
就労活動に制限がなくなる
外国人登録の更新や証明書を携帯する義務から解放されます

 

※帰化・永住許可どちらもメリット、デメリットありますが、ご自身の現在の状況でどちらの方がいいのか迷われている方は、まずはご相談ください。

 

 

初回のご相談は無料です!新行政書士にご連絡ください
新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 医療法人、会社設立
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。