仕事に忙殺されて大切な事を忘れていませんか?

人を雇うことで増えた「いいこと」

ミニストップの協力で4月に高槻赤十字病院内にコンビニを開店して早4か月。

今までとは全く違う業種、業態に戸惑うことばかりですが、
お陰様で「忙しそうにしているね」とお声がけいただくことが多いです。

 

そのミニストップのメンバーも新しく関わってくれている人たちなのですが
ありがたいことに新行政書士事務所の方でも新しいスタッフが増えています。

私「新 正伸」は、雇用する立場である事を改めて実感したりする訳なのですが
果たして、人を雇って「新」は成長しているのか?を考えてみました。

 

新行政書士事務所は平成23年に開業して7年目を迎えました。

 

初めて人を採用したのは、4年目の平成26年1月でした。元リクルート系の企業で営業をされていた女性で、すごく良くできる方でしたが、ご家庭の都合で1年半で退職されました。

その次は、平成27年7月に入れ替わりで、男性を採用しました。高学歴で優秀な方でしたが、平成28年3月に突然退職してしまいました。

 

そして、また1人になりましたが、見るに見かね平成29年5月から行政書士の芝さんが、週に何回か手伝いに来てくれるようになり、10月になると事務局にSさんが、そして、今年の1月からはHさんが来てくれるようになりました。

 

人を雇うことで、何が変わったかというと

一人ではできなかったことができるようになったり、お客さんから信用されたりします。

更には、事務所に行っても寂しくなかったり、たまにはお菓子を買って帰ろうと思ったり、なんかいいことが増えたような気がします。

 

仕事に忙殺されて毎日が過ぎ去ってしまうのは勿体ないですね。
こんな定点観測もたまには良いのではないでしょうか。

新行政書士事務所では、初めてのご相談は無料でお伺いしております。
■ 医療法人、会社設立
■ 在留(ビザ)許可、帰化、韓国語翻訳
■ 農地転用
■ 飲食店、風俗営業、古物商の営業許可
■ 契約書、相続・遺言書、内容証明
など、何かお悩み、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

tel01

SNSでもご購読できます。